女性

屋上に防水加工を行なうなら工事内容を確認しよう

  1. ホーム
  2. 水の侵入を防ぐ方法

水の侵入を防ぐ方法

ヘルメットを持つ人

水に強い素材として知られるのがfrpです。frpとは強化繊維プラスチックのことで、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックのことです。通常のプラスチックでは樹脂のみで構成されますが、frpでは、骨材として短いガラス繊維が混ぜ込まれた状態で構成されます。このためfrpは強度に優れており、耐水性や成形性にも長け水を通さない防水素材ですので船舶のボディやバスタブ、波板、自動車の外装などに広く使われています。またfrpの仕組みとしてはガラスマットと呼ばれるガラス繊維を重ねたシートの上にポリエステル樹脂などを塗ることで簡単に作ることができるため、耐久性に優れた素材として防水工事などにも広く使われています。

frpが使われる代表的なものとしては船舶で、特に金属ではないので腐食せず耐久力に優れます。またバスタブや水槽などにも使われています。一方で防水を行わなければいけないような場面でもfrpが使われています。この場合には防水した床に薄いガラスマットを敷き詰め、その上に樹脂を塗ることで防水床を作り上げる方法です。この方法では単なる樹脂を塗布する方法と比べて、耐久性および耐候性に優れた防水床または壁を作ることができます。このような使い方は屋上の防水のほか、工場の床や屋上駐車場、ベランダなどのほかプールサイドなどにも使われています。また防水性に優れ、一体形成の面を作ることができるので壁を緑化させるさいにも建物本体に害を与えないようにする上で有利な方法として使われています。